バードリサーチニュース

林の鳥が多い東京と開けたところの鳥が多い水戸 土地利用の歴史が鳥類相を決める?

バードリサーチニュース2017年10月: 1 【活動報告】
著者:植田睦之(バードリサーチ)・池野進(日本野鳥の会茨城県)

 昨年からはじまった「全国鳥類繁殖分布調査」。1970年代と90年代に調査が行なわれた全国約2300のコースを調査し,全国の鳥の分布図を描こうとしています。ニュースレターでもご紹介しましたが,ここまでに得られた結果から,夏鳥の復活(16年8月号)小型の魚食性鳥類の減少(17年9月号)など,全国的な鳥の変化が見えてきています。でも,全国分布図だけでなく「詳細分布図」もあるといいと思いませんか? そういうものがあれば,環境と鳥の生息状況の関係など細かいこともわかって,上記の増減の理由もわかるかもしれません。そこで,今年から,東京と茨城県水戸市で1kmメッシュでの詳細分布調査を始めました。
 その結果から,現在は東京も水戸もどちらも都市化が進んで似たような環境になってきているにもかかわらず,東京ではより林の鳥が多く,水戸では開けた場所の鳥が多いなど,広域の土地利用が影響していると思われる違いが見えてきました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

土地利用の歴史が鳥類相を決める?

 日本は森の国です。国土の7割が森林に覆われ,日本で繁殖している鳥は樹林性の鳥が多くを占めます。そのため,森林率が高い場所では生息鳥類が多いことが知られています(村井・樋口 1988)。

図4 東京と水戸の森林率と確認種数(水鳥を除く)との関係。東京では森林率が高まるにつれ確認種数も多くなるが,水戸ではそのような関係はない(水鳥を入れても同様の傾向があった)

 東京の水鳥を除いた確認種数と森林率の関係を見ると,これまで知られてきたように,森林率が高くなるにつれてその確認種数も増えていました(図4)。ところが,水戸ではこのような関係がないのです。その理由としては,前述のように東京には生息している樹林性の鳥が水戸では少ないことが考えられます。
 茨城県は農業県で,北海道に次ぐ農業収入を誇り,農地が拡がっています。半面,樹林率は大阪に次いで低いのです。そして関東平野にあるため,樹林性の鳥が多く生息する山との距離が離れていて樹林は孤立しています。住宅地として発展し,公園や緑道が整備されてきた東京とは異なり,樹林の鳥の移入が妨げられ,樹林の鳥が移入/定着しにくいのかもしれません。
 東京と水戸の一対一の比較のため,これが正しいのかどうかはわかりません。違う土地利用の歴史を持つ場所の情報が加われば,それが検証できると思いますし,もっと北の方や南の方の情報があれば,地理的な違いもわかるかもしれません。全国鳥類繁殖分布調査はもちろんですが,「詳細調査」にも参加しませんか? グループである程度まとまった範囲の1㎞メッシュを調査できそうな方がいらっしゃいましたら,ぜひご連絡ください。調査方法等お知らせします。一緒に鳥類相を決める要因を明らかにしましょう!

 最後になりましたが,東京の調査には80名の方に,茨城の調査には17名の方に参加いただきました。これらの皆さんの協力がなければ調査はできませんでした。ありがとうございました。