バードリサーチニュース

シギ・チドリ類調査の交流会を神田で開催しました。

バードリサーチニュース2016年12月: 3 【活動報告】
著者:守屋年史

 バードリサーチが事務局を務めているモニタリングサイト1000シギ・チドリ類調査では、毎年場所を変えて、調査員交流会を行っています。例年は、湿地のある都市や水辺の観察施設で開催するのですが、今年は11月13日に東京の神田駅近くのホールを借りて開催しました。

 これにはシギ・チドリ類の知名度を上げるという狙いがありました。昨年度のシギ・チドリ類調査の検討会で、日本国内で減少傾向にあるシギ・チドリ類の憂うべき現状を広く知らせる必要性が指摘されました。しかしながら、シギ・チドリ類の認知度があまりにも低いため、現状を訴えるにしても、まずはシギ・チドリ類という鳥の存在を知ってもらわなければなりません。そこで今回の交流会は、シギ・チドリ類のことをあまり知らない人にも気軽に参加してもらえるように、アクセスのよい東京で交流会を開催することにしました。また内容も、モニタリング調査の枠組み、シギ・チドリ類の全国調査の結果、国内の各地域におけるシギチドリの状況、繁殖地ロシアの話、普及に携わる観察施設の方々の工夫とポスター展示、写真コンテストと様々な人に興味を持ってもらえるようにしてみました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

課題のアウトリーチ

全体で80名程の参加者があり、充実した交流会になりました。
反省点として、どうしても内容が専門的になるため、このような調査結果やシギ・チドリ類の現状をわかりやすく伝えるには、まだまだ工夫が必要だと感じました。我々の活動に興味を持っていただける方は、ある程度生物や自然に興味のある方だと思います。ただ、無関心・もしくは知らない層に働きかけていくことも、今後保全などを進めていく上では大切だと考えており、今回の経験を普及啓発などにも活かしていきたいと考えています。

モニタリングサイト1000シギ・チドリ類調査交流会要旨集