バードリサーチニュース

図書紹介:日本のカモ識別図鑑

バードリサーチニュース2015年11月:5 【図書紹介】
著者:神山和夫

日本のカモ識別図鑑
氏原巨雄・氏原道昭 著
誠文堂新光社
ISBN 978-4-416-71557-4

カモの仲間は大きくじっとしているので観察しやすい上、オスの羽衣に特徴的な色彩があるので、バードウォッチング入門者にも識別のしやすい種です。しかし、幼鳥と秋の飛来時期の成鳥オス(エクリプス)の羽衣はメスに似ているため、種の判別はできるものの雌雄成幼の区別がわからない個体がいて、モヤモヤ感が残ってしまうことがあります。

カモ類はユーラシア大陸全体でかなり共通しているので、そのようなとき私はヨーロッパの図鑑を見てカモ類の羽衣の特徴を調べていたのですが、このたび、ついに海外の図鑑を凌駕するカモ図鑑の名作が日本で出版されました。

日本のカモ識別図鑑は、カモ54種と家禽・雑種の解説だけで全303ページ、1種について5~6ページにわたって詳しい説明が書かれています。どの種にも、まず始めに1ページ半ほどの解説文があり、それに続いて、成鳥・幼鳥の雌雄の羽衣のイラスト、さらに様々な羽衣パターンのイラスト、そして典型的な羽衣を撮影した写真が続きます。一例を挙げると、ヒドリガモの成鳥オスの特徴は雨覆が純白なことで、翼をたたんでいるときでも脇と翼の間に純白の横ラインが見えています。この白いラインはエクリプスでも同じように見えます。幼鳥オスと成鳥メスの雨覆は似ていて、白い羽縁がある褐色の羽をしていますが、幼鳥メスの雨覆では白い羽縁が目立ちません。ヒドリガモは雨覆を使って識別がいちばん明瞭で、さらに他の特徴も補助的に使えば幼鳥オスと成鳥メスの区別もできるようです。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更