バードリサーチニュース

東京の鳥の1970年代からの変化

バードリサーチニュース2018年1月: 1 【活動報告】
著者:植田睦之・佐藤 望

 流行の発信地東京。カツ丼の発祥の地も東京です(福井という説もあります)。人の流行だけでなく,コゲラの市街地侵出や猛禽類の都市での繁殖など鳥の変化も,他の地域に先駆けて見られています。都市化が進み,その反省から緑地整備が進む等,都市計画が他所よりも早く進んでいるからなのかもしれません。こんな東京の鳥たちの今を知ろうと,全国鳥類繁殖分布調査に合わせて詳細調査を昨年からスタートさせました。
 昨年の6月号でスタート直後の様子,そして,10月号で水戸との比較についてご報告しましたが,昨年のデータの入力も完了し,樹林性の鳥の増加と開けた場所の鳥の減少などが見えてきたので,ご報告します。

 

1㎞メッシュの詳細調査

図1 分布の拡大するガビチョウ。:繁殖を確認,:繁殖の可能性あり,:生息を確認

 20kmメッシュで調査している「全国」とは異なり,東京都繁殖分布調査は1kmメッシュの詳細調査をしています。1970年代,1990年代にも東京都により同様の調査が行なわれているので,その時と同じコースで調査するとともに,過去に調査コースが設置されていないメッシュについては,新たにコースを設置して調査を行なっています。
 1年目の調査には,125名の方に参加いただき,373メッシュの鳥の情報を集めることができました。東京都全体のメッシュ数は1926メッシュあるので,調査できたのはごくごく一部ですが,それでもガビチョウが多摩川づたいに分布を拡げている様子(図1)などを明らかにできています。また,141メッシュでは1970年代,1990年代と同じルートでセンサスを行なうことができ,その比較から増えている鳥と減っている鳥が見えてきました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更


調査にぜひご参加ください

 オナガやイワツバメの動向や各種の増減の原因などを明らかにしていくためにはさらに多くのメッシュでの調査が必要です。東京在住,勤務の方,調査に参加しませんか? 早朝の調査ですし,繁殖期に2回のセンサスを行なうだけですので,仕事や授業の前に家の近くや職場や学校の近くですることもできると思います。
 自分で調査する自信がない人は,誰かの調査のお手伝い,ということも可能です。以下に調査コースや未調査のメッシュの地図がありますので,できそうな場所をクリックして登録ください。ご参加お待ちしています。

http://www.bird-atlas.jp/tokyo/map.html