バードリサーチニュース

千葉県太平洋岸でコアジサシ激減中

バードリサーチニュース2016年2月: 3 【活動報告】
著者:奴賀俊光
写真1 コアジサシ

写真1 コアジサシ

 コアジサシ(写真1)は日本へ繁殖のためにやってくる夏鳥です。5~7月頃、海岸の砂浜や、河川敷、造成地などの裸地に集団営巣します。そのような裸地は、翌年には雑草が繁茂したり、工事やレジャー等の人為的な影響により、毎年確実な営巣環境をコアジサシに提供できるわけではありません。そのため、コアジサシは営巣場所を毎年のように変えることもあります。営巣環境の消失や営巣環境の悪化から、環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています(環境省自然環境局野生生物課 2002)。
 環境省の全国的な調査が1995年~2011年まで行われましたが、毎年調査地の数や場所が変わるため、調査地や方法が一定ではなく、全国の状況は把握できませんでした(環境省自然環境局 2010, 2011)。現在でも全国的な調査は行われていないため、国内に何羽いるのか、実際にどのくらい減少しているのか、国内のコアジサシの現状は不明のままです。
 毎年のように営巣地を変えるという習性がコアジサシの調査を難しくし、現状把握を困難にしている一因と考えられます。この問題を解決するためには、コアジサシが営巣地を変えても、新しい営巣地がこちらの調査範囲内に入っていて、その地域のコアジサシの動向を把握できる状態にあることが必要です。つまり、ある程度広範囲での調査が必要になると考えられます。今回、千葉県太平洋岸を対象として行った
広範囲調査の事例と、その結果わかったコアジサシの動向をご紹介いたします。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更