バードリサーチニュース

気候変動の影響? 越冬分布を拡げるアカハラ,オオバン…

バードリサーチニュース2018年4月: 2 【活動報告】
著者:植田睦之

図1 環境庁が1984-85年に実施した越冬分布調査の情報のあるメッシュと,今回情報の集まっているメッシュの比較

 全国鳥類越冬分布調査にご協力いただきありがとうございます。全国鳥類繁殖分布調査の派生調査として昨年から調査を開始し,これまでに,273名の方に情報収集にご協力いただきました。また野鳥データベース「フィールドノート」に入力いただいた223名の皆さんのデータと文献データも利用して,各種鳥類の越冬分布を描くことができました。特に日本海側や北の地域など情報がない地域も多く(図1),まだまだ穴だらけの分布図ではありますが,それでも,ヒクイナやリュウキュウサンショウクイが九州から東に分布を拡大していること,おそらく積雪の減少や冬の寒さの緩和でアカハラやオオジュリン,オオバンなどが日本海側や北の地域で分布を拡大していることなどが見えてきました。また,関東地方ではアカゲラが平野部へと分布を拡大するなど,ローカルな分布の変化も見えてきています。
 

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

越冬期の観察記録をお知らせ下さい

 繁殖分布調査は決まったコースの現地調査を中心に実施していますが,越冬分布調査は,皆さんの普段の観察記録から分布図を描いています。皆さんの記録をぜひお寄せください。野鳥記録データベース「フィールドノート」(さえずりナビでの入力も可能です)をお使いいただくか,あるいは越冬分布調査専用の情報送信フォーム(http://www.bird-atlas.jp/wba.html)からご報告ください。独自にエクセルなどで入力されているようでしたら,場所(緯度経度か住所)と日付があれば,データにできるので,そういったものがあれば,メールください。http://www.bird-atlas.jp/data/wba.xlsのエクセルフォームを使っていただくのも歓迎です。ご協力よろしくお願いいたします。 

 

対象種 留鳥,漂鳥,冬鳥など,越冬するすべての鳥類
対象期間 2016-2020年の越冬期
送っていただく情報 観察場所,種,そしてその鳥が例年越冬している鳥なのか,稀に越冬しているのか
といった越冬状況(不明でもOK)。留鳥も含めた全種の情報をお送りください。
情報の送信方法

Excelファイルで送っていただく方法とWEBフォームから送る方法があります。
 WEB: http://www.bird-atlas.jp/wba.html
 Excel: http://www.bird-atlas.jp/data/wba.xls

探鳥会の情報など,独自フォーマットの情報でも場所(緯度経度か住所)と日付があれば,データにできるので,そういったものがあれば,メールください(送付先:bbs@bird-research.jp)