バードリサーチニュース

造成干潟の現状とこれから モニタリングサイト1000シギ・チドリ類調査交流会・広島の報告

バードリサーチニュース2018年1月: 3 【活動報告】
著者:守屋年史

写真1.交流会の様子

2017年12月10日にモニタリングサイト1000シギ・チドリ類調査の交流会を広島市内で開催しました。 第14回目となる本交流会ですが中国地方では初めての開催となります。講演は9題、ポスターは5題あり、参加者約30名と交流できて有意義でした。

広島県には自然環境に配慮した造成干潟の先駆的な例があり、それが調査サイトにもなっている八幡川河口です。今回のテーマとして造成干潟について注目してもらいたいと考えていました。交流会に先立って、当日午前中に八幡川河口の調査担当をされている日比野さんに現地を案内していただきました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更