バードリサーチニュース

東京の島も法則に則っているか 東京都鳥類繁殖分布調査 中間報告

【活動報告】
著者:佐藤望

 バードリサーチなどのNGOは全国鳥類繁殖分布調査の一環として、2017年から東京都鳥類繁殖分布調査を実施しています.東京は世界有数の都市部や亜高山帯、伊豆諸島から亜熱帯地域の小笠原諸島など、面積は小さいながら様々な環境を有しており、全国鳥類繁殖分布調査よりも詳細な調査をする事で、より細かい鳥類の生態が見えてきます.本土部の結果の一部はニュースレターの6月号に掲載しました.今回は島しょ部のトピックスを紹介します.

写真1 伊豆諸島で繁殖しているアカコッコ(写真:矢本賢氏)

 島は色々な面で本州と異なります.まずは生息している鳥が違います.例えばイイジマムシクイやアカコッコ(写真1)など本州ではほとんど見る事のできない鳥類が繁殖しています.また,島しょでは一般的に「小さな島より大きな島ほど生息する動植物の種数が多い」事が知られています.今回の調査で他の島と同様,東京の島しょも本州と比べると繁殖している鳥類が少なく,島の面積と鳥の種数に相関がありそうだという事が分かってきました.

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更