バードリサーチニュース

カワウがねぐらを作りそうな場所はどこ?航空写真で予測マップ ~三重県津市から依頼を受けて~

バードリサーチニュース2017年5月: 4 【活動報告】
著者:高木憲太郎

 ぼくがカワウの生息状況の調査や管理に関わるようになって15年。たくさんのねぐらやコロニーを見てきました。そのせいか、川べりや池に面した林を見ると、ああ、カワウが好きそうな場所だな、とか、この林はきっとねぐらにはならないだろうな、という想像ができるようになりました。鳥の繁殖生態などを研究されている方なら、わかりますよね?研究のために巣を探しているうちに、上手くは説明できないけれど、営巣しそうな場所がなんとなくピンとくるようになる、あれです。

航空写真をディスプレイで見ながら、カワウがねぐらを作りそうな場所に印をつけて行きました。

 この能力が役に立つ日が来ました。三重県の津市から依頼を受けて、事務所に居ながら、カワウをねぐらから追い出したときに、どこへいくか白地図に示して指導することになったのです。

 カワウの管理は都道府県単位ぐらいの範囲のカワウの生息状況を視野に入れて、計画的に進める必要があります。しかし、近年、市町単位の判断で都道府県などとの情報共有もなく、ねぐらの除去や駆除が行われることが増えてきており、場当たり的な対策が増えることを懸念していたところでした。
 今回は、カワウをねぐらから追い出す前に、カワウが行きそうな場所を事前に把握しておいて、ねぐらがあちこちに新しくできて管理しづらくなることのないように進めたい、という相談でした。これは良いモデルケースになるのではないかと考えて、対策の進め方も含めてアドバイスすることにしたのです。そしてその後、三重県津市から、対策を実施した結果、概ね上手く行ったというお知らせをいただきましたので、ご報告いたします。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

まとめ


 冒頭にも書きましたが、カワウの管理は都道府県全体のカワウの生息状況を視野に入れて、計画的に進める必要があります。カワウによる被害は内水面漁業への影響が問題視されることが多いのですが、近年は、ねぐらが住宅地の近くにできて生活環境被害が起きる事例が増えてきました。この場合、市町村など現場に直接かかわる関係者の判断だけで追い出しをしてしまい、ねぐらの箇所数が増えて調査や漁業被害対策がし難い状況になることもあります。都道府県として、カワウのねぐらをどこに残して、どう管理していくのかについて方針を持っているところは、ごく一部です。方針がない場合には、できるだけ、近隣の既存のねぐらにカワウに行ってもらう工夫が大事ですし、少なくとも、新しいねぐらができていないかどうかチェックし、行ってほしくない場所にねぐらが新しくできそうであれば、そこでの対策も必要になってきます。

 しかし、こうした対応について市町村への周知ができていないのも事実で、どうすればよいかわからなければ十分な対応を求めるのは酷ですし、多忙を極める地方行政にあって、横の連携は不得手な分野です。予算がなければ、できることも限られます。今回の津市の事例では、専門家の意見を聞いたり、Web上の情報を調べたり、横の連携をとったりという部分は、かなりハイレベルにこなされていましたが、予算面はかなり厳しい状況でした。それでも、職員の努力でできる範囲で、やれることはやっていただけたように思います。市長が直接係わっていたようですので、市の職員も動きやすかった部分はあると思います。どこでも同じように、とは行かないかもしれませんが、「やろうと思ってできない訳ではない」とも感じたところです。今年度は、市町村への周知のために、住宅地の近くにカワウのねぐらができた時の対応マニュアルを作っていきたいと思っています。

カワウのねぐらを追い出すときの手順

———————————————-
1.カワウとその対策について調べる
2.都道府県に連絡して、方針を把握し、周辺のねぐらの情報を手に入れる
3.専門家の意見を聞いて、対策の方針を考える
4.地域住民の意見を聞いて、落としどころを見つけ、持続可能な対策の体制を作る
5.都道府県や近隣市町村と情報共有をする
6.カワウが行きそうな場所を調べる
7.事前調査と事後調査を計画する
8.ねぐらの拡散を避ける工夫を考える
9.対策を実施する
10.結果を共有する
———————————————-