バードリサーチニュース

海鳥の風車への反応には視界が影響する?

バードリサーチニュース2017年5月: 2 【活動報告】
著者:植田睦之(バードリサーチ)・島田泰夫(日本気象協会)・佐藤功也(東京電力)

銚子の洋上風車(右奥)と観測タワーに設置された船舶レーダ(手前)

 近年,洋上風力発電の実証事業が行われています。これまでも2016年7月号のニュースなどで報告していますが,陸上の風車ではオジロワシの衝突が問題になっています。それを考えると洋上に風車が建った場合,海鳥にどんな影響が出るのか心配になりますよね。しかし,これまでそうした知見はヨーロッパで少しあるだけで(風間 2012),国内では全く調べられていませんでした。そこで2013年に銚子沖に設置された洋上風車の実験機を対象に風車への鳥の反応を調べました。バードリサーチはその調査のうち,船舶レーダで風車周辺の鳥を追跡する部分を担当しました。

 この調査の結果,海鳥たちが風車を避けて飛んでいそうだということがわかりましたが(島田ほか 2015,論文準備中),それ以外にも視界の良否が鳥の接近距離に影響する可能性が見えてきました。今回はそれについてご紹介します。

 

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更