バードリサーチニュース

ガン・ハクチョウ類を守る東アジアの多国間協力 フライウエイパートナーシップ・ガンカモワーキンググループ会議の報告

バードリサーチニュース2017年4月: 4 【活動報告】
著者:神山和夫

 2017年4月7~8日に、中国北部のフルンボイル市で東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップのガンカモワーキンググループ会議が開かれました。日本からは牛山克己さん(宮島沼水鳥湿地センター)、嶋田哲郎さん(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)と一緒に神山が参加してきましたので、この会議について報告したいと思います。フライウェイパートナーシップとは、極東ロシアからオーストラリアにかけての渡り性水鳥生息地の関係者が保全や環境教育のために協力を進めるための枠組で、136カ所の重要な渡来地が登録されており、各国のNGO、研究者、政府が参加しています。ガンカモワーキンググループ(Anatidae Working Group)はフライウエイパートナーシップの専門部会のひとつで、ガンカモ類の保全について検討する集まりです。

 今回の会議では、東アジアに繁殖・越冬地があるガン・ハクチョウ類について関係国の研究者が情報を共有し、さらに不足している情報について調査に取り組んで行こうという話し合いが行われました。例えば、日本や韓国で1月に行われているガンカモ類の全国調査の結果は海外にはあまり知られておらず、こうしたデータを海外の研究者が利用できるようにしていくことは重要です。さらに、繁殖個体群のまとまりで保全を行うために、発信機を使った追跡調査で繁殖地と越冬地のつながりを解明するプロジェクトについての相談が行われました。

 

中国の越冬地でガン・ハクチョウ類が減少している

図1. 日本のハクチョウ類の個体数変化(環境省のガンカモ類の生息調査のデータから作成)。

 会議では各国の状況を話し合いました。日本では増え続けていたオオハクチョウとコハクチョウの個体数が2000年代半ばに止まったのですが(図1)、日本のコハクチョウの繁殖地のひとつである北極海沿岸のチャウン湾周辺で調査をしているロシアの研究者によると、近年は一腹卵数が減っていて、繁殖密度が高すぎるせいかもしれないということでした。広大なコハクチョウ繁殖地の一地点での事例ではありますが、こうしたことが日本の越冬個体数の増加が止まったことの原因になっている可能性もあります。

 東アジアのコハクチョウの主な越冬地は日本と中国ですが、個体数が安定している日本に比べて、中国では2004年の調査開始直後に個体数が急増したものの、2006年の13万羽が2011年には5万羽に減っています(図2)。一方、ガン類では、ヒシクイの越冬数は日中韓ともに安定していますが、マガンは中国では急減し、日本と韓国では増加しています。モンゴルが主要な繁殖地であるサカツラガンはほとんどが中国で越冬しますが、こちらも数の減少が進んでいます。

図2. 日本・韓国・中国のコハクチョウ越冬数の変化(Jia et al. 2016をもとに作成)

 

中国の減少要因は生息地破壊と狩猟

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

 

参考文献

Jia, Q., Koyama, K., Choi, C.-Y., Kim, H.-J., Cao, L., Gao, D., Liu, G. and Fox, A.D. (2016) Population estimates and geographical distributions of swans and geese in East Asia based on counts during the non-breeding season. Bird Conservation International. 1–21.