バードリサーチニュース

減少するシマアオジを守ろう 広州で国際ワークショップ

バードリサーチニュース2016年11月: 1 【学会情報】
著者:植田睦之
さえずるシマアオジ(撮影:三木敏史)

さえずるシマアオジ(撮影:三木敏史)

 「バイカルでは,1990年までは一番バンディングされる鳥だったのに今は年に数羽しかとれない」「サハリンの南部からはいなくなった」「カンボジアでは,まだ水田や湿地で越冬しているが,食料として捕獲されているようだ」。2016年11月2日から5日まで中国の広州で行なわれたシマアオジ保護の国際ワークショップは,シマアオジの減少を示す深刻な話題ばかりでした。
 以前「野鳥の不思議解明最前線」でも紹介しましたが,シマアオジは世界的に急減しています。そこで,今回のワークショップは,その現状や問題点を明らかにし,保護のためのアクションプランをつくろうと,国際NGO「バードライフ・インターナショナル」が中心となって,繁殖地のロシア,モンゴル,日本,中継地の韓国や中国,越冬地のベトナム,カンボジア,タイ,ミャンマー,そしてドイツの研究者があつまって行なわれました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更