バードリサーチニュース

7000kmをひとっ飛び? ~オーストラリアで越冬するミユビシギの渡りルート~

バードリサーチニュース2016年6月: 3 【論文紹介】
著者:奴賀俊光

 

図1. ミユビシギ

図1. ミユビシギ

 某有名映像制作会社で最近アニメ化されたシギのモデルと思われるミユビシギ(図1)。世界中に広く分布し、南半球から北極圏までの長距離の渡りをしますが、その渡りルートや生態はこれまでよくわかっていませんでした。ヨーロッパでは研究者が中心となっている、Sanderling Project(ミユビシギの英名がSanderling)というものがあり、渡りルート等の調査が行われています。
 日本にも、ミユビシギは旅鳥または冬鳥として飛来し、秋~春まで砂浜や砂質干潟で観察することができます。渡りの時期にはオーストラリアの越冬地で標識されたミユビシギが日本を通過しています。
 今回紹介するのは、日本も含まれる東アジア・オーストラリア地域の渡りルート(East Asian-Australasian Flyway、略してEAAF)でのミユビシギの渡りルートに関する研究論文です。オーストラリアのDeakin大学のLisovskiさんたちは、南オーストラリア州で越冬期のミユビシギにジオロケーターを装着し、繁殖地、渡りルート、重要な中継地を調べました。

 2012年の3月に南オーストラリア州のCanunde国立公園で、合計44羽のミユビシギにジオロケーターを装着しました。再び越冬地に戻ってきたミユビシギ14羽からジオロケーターを回収し、そのうち13羽から、越冬地を出発して再び越冬地に戻るまでの一連の渡りルートのデータを得ることができました。データを解析した結果、EAAFのミユビシギの繁殖地、渡りルート、渡りの中継地が明らかになってきました。

 

繁殖地

 繁殖地が最も集中していたのはNew Siberian Islands(ノヴォシビルスク諸島)で、その周辺の大陸沿岸部でも繁殖していると推定されました(図2)。

図2. ジオロケーターのデータ解析からわかったミユビシギの繁殖地、重要な中継地、渡りルート。Lisovski et al. (2016)を参考に作図。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

紹介論文
Lisovski, S., Gosbell, K., Christie, M., Hoye, B. J., Klaassen, M., Stewart, I. D., Taysom, A. J., and Minton, C. 2016. Movement patterns of Sanderling (Calidris alba) in the East Asian–Australasian Flyway and a comparison of methods for identification of crucial areas for conservation. EMU 116, 168–177.