バードリサーチニュース

関東カワウモニタリング調査  21年の軌跡

バードリサーチニュース2016年2月: 4 【活動報告】
著者:加藤ななえ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

図1.千葉県小櫃川河口コロニー(2011年)

  「関東カワウモニタリング調査」が2015年12月で終了しました。この調査は、1994年に日本野鳥の会によって始められ、2003年からはバードリサーチが引き継ぎ、繁殖最盛期の3月、夏期の7月、冬期の12月の年3回、関東地方で確認されているすべてのねぐらやコロニーにおいて、カワウの個体数や巣数などをカウントしてきました。この調査は、カワウのねぐら入りの時刻に合わせて夕方暗くなるまで調べなければならないため、一人では、1日に1か所しかおこなうことができません。また、規模が大きいねぐらでは、カワウの帰還してくる方向ごとに人の目が必要になります。ですから、この調査を継続することができたのは、関東各地のたくさんの方々のご協力があったからこそです。このようにして積み重ねてきたデータを元に、この21年間のカワウの生息状況の変化を、取りまとめましたので報告いたします。

調査を始めたきっかけ

 調査を始めた当時、関東地域にはカワウのねぐらや繁殖地(以下、コロニー)は、東京湾や荒川・多摩川水系などに8か所ありました。最も規模が大きかった東京都の浜離宮庭園のねぐらは4000羽から1万羽ほどのカワウが一年を通して利用していました。東京都の公園管理部局は、文化財でもある庭園の鴨場の樹木枯死を食い止めるために、カワウを浜離宮庭園から2㎞ほど離れた無人島の第六台場へ誘致することとしました。この大規模な移住作戦の展開を期に、「関東カワウ調査」が1994年12月から始まったのです。浜離宮庭園からの追い出しと第六台場への誘致のための作業が重ねられた結果、4年後の1998年12月になってカワウは浜離宮庭園から第六台場へと移住し始めました。しかし、人の思惑通りにカワウを第六台場だけに誘致することは難しく、これが、多くのカワウが新しい地域への進出し始めるきっかけのひとつとなったと考えています。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更