バードリサーチニュース

秋の渡りのサンショウクイ類

バードリサーチニュース2018年10月: 2 【活動報告】
著者:三上かつら

 サンショウクイプロジェクトでは,亜種サンショウクイと亜種リュウキュウサンショウクイについてデータを収集しています.みなさんの観察記録のおかげで,少しずつですが,いろいろなことがわかってきました.
 今回は,両亜種の秋の記録について,簡単にですが情報をまとめてみました.移動途中の個体の情報は,生息分布とは直接の関係がないのですが,秋の渡りについては,一般的なバードウォッチング中の記録にくわえ,長時間タカ類の渡りを観察されている方が報告をくださることがあり,サンショウクイの生態を知る手がかりとなる貴重な情報も多く含まれています.

渡り時期の早い亜種サンショウクイ

図1 亜種サンショウクイの観察報告地点の分布と例数(日数).2010-2018年の8-11月のデータ(2018年のみ9月末まで)を使用.

 亜種サンショウクイの渡りは,8月から既に始まっているようです(図1).観察される場所には,タカ類など秋の鳥の渡りを観察するのに適した,見晴らしのよい展望台や岬が含まれています.コメントもいただいているので引用しますと,8月上旬「確認出来ただけでも5-6羽の小群で先行種的に少しずつ南へ移動していました(京都)」8月後半「20-30羽で飛来(長野)」「多い時は100羽ぐらいが集結する(兵庫)」とあり,これらの群れが渡り途中であることがうかがえます.渡りのピークは9月前半といってよさそうです.そのあと10月まで続きますが,11月には亜種サンショウクイの報告はありませんでした.夏鳥のなかでは,比較的早い時期に秋の渡りのピークが来る鳥ですね.なお,ロシアの文献にも秋の渡りが早いことを示唆する記述があり,「7月18日鳴きながら,非常に高くを南へ飛ぶ6羽を観察した」「終認は10月17日」といった記述が出てきます(Panov 1993).

11月に多い亜種リュウキュウサンショウクイの秋の記録

図2 種リュウキュウサンショウクイの観察報告地点の分布と例数(日数). 2010-2018年の8-11月のデータ(2018年のみ9月末まで)を使用.グラフの色の薄い部分は伊豆市での例数.なお,九州や高知県などでは,亜種リュウキュウは留鳥として長く定着しており,いるのが当たり前になって,わざわざ報告されないことがほとんどなので,プロットがなくとも生息はしていると思われる.

 亜種リュウキュウサンショウクイは留鳥で,一部が漂鳥だろうと考えられています(三上・植田 2011など).伊豆市でタカ渡りを観察されている方からの情報は興味深いものでした.9月中旬に1-8羽の群れがみられていたのが,9月下旬から10月の頭には最多で90羽の群れが見られたとのことです(福田喜博 私信).漂鳥としての短距離移動でしょうか.それとも群れで渡ろうとしているのでしょうか? もう一つ面白いのは,11月に報告例が増えることです(図2).11月の報告をいただいた県(関東や静岡,兵庫,香川,徳島など)では越冬期(12月以降)にも記録があります.ひょっとしたらリュウキュウサンショウクイは11月には「ここを越冬地とする」と目星をつけて,そこで越冬するのかもしれません.今後注目したい点です.行動の面で面白いのは,亜種リュウキュウサンショウクイは,秋の移動途中らしき個体が亜種サンショウクイと行動をともにしている例があります.また,11月以降になると,メジロやカラ類と混群をつくり,一緒に行動することが珍しくないようです.

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更