バードリサーチニュース

シジュウカラ,仲間の声から「ヘビ」をイメージ! ~研究者による論文解説~

Alarm calls evoke a visual search image of a predator in birds 【論文紹介】
著者:鈴木俊貴

 研究者とバードウォッチャーがより多くの情報を共有するため、英語論文を書いた研究者自身に、発表した論文について解説してもらいます。

 今回は、鈴木俊貴さんに論文を紹介してもらいます。鈴木さんは立教大学大学院の上田恵介教授(現名誉教授)の研究室でシジュウカラを対象にして研究を行い、博士号を取得しました。解説してもらう論文は、2018年に米国科学アカデミーが発行している英文誌 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America; PNASに掲載されました。この論文では、「鳥も人間がするように、頭の中にイメージ映像を描いているのだろうか?」という疑問に答えています。

【加藤貴大 編】

紹介する論文:Suzuki, T. N. (2018). Alarm calls evoke a visual search image of a predator in birds. Proceedings of the National Academy of Sciences, 201718884.

 「リンゴ」と聞くと,赤くて丸い果物を頭に思い浮かべるように,会話のなかで物事をイメージする能力は私たちの意思疎通に欠かせません。また,このようなイメージ力は,私たちが文を読み,理解する上でも重要です。もちろん,他の動物たちも鳴き声やジェスチャーによって様々な意思疎通をおこないますが,音声から指示対象をイメージする能力は,長年にわたって人間に固有なものだと考えられてきました。ほかの動物の鳴き声は単なる感情のあらわれであり,環境中の対象物を指し示すことはできないと信じられてきたのです。

図1.シジュウカラは天敵のアオダイショウに遭遇すると特別な鳴き声(ジャージャー)を発しながら,仲間とともに追い払いにかかる。

 しかし,本当にそうでしょうか?私は10年以上にわたってシジュウカラ(学名Parus minor)の行動や生態を研究してきましたが,彼らの鳴き声は実に多種多様。仲間を呼ぶときは「ヂヂヂヂ」と鳴き,警戒を促す時は「ピーツピ」と発します。そして,天敵のヘビ(アオダイショウ)をみつけると「ジャージャージャー…」。しわがれた声で仲間を集め,果敢にヘビを追い払います(図1)。

 「ジャージャー」と聞こえる声は,ヘビ以外の天敵には決して発されることがないので,ヘビを示す単語であるかもしれません。もしそうであれば,私たちと同じように,シジュウカラも鳴き声からヘビをイメージできるでしょうか?私は今回,ちょっと工夫をこらした方法でこの疑問に迫ってみました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更