バードリサーチニュース

夫が働き者だと雌は抱卵に専念できる?:モズの子育てにおける役割分担 ~研究者による論文解説~

Factors affecting female incubation behavior in the Bull-headed Shrike 【論文紹介】
著者:遠藤幸子

 研究者が具体的にどんな研究をしているのか、どんな論文を出しているのか、研究者同士だけで情報共有が完結しがちです。また、研究者が面白い研究をしていても、論文が英語で書かれていると、研究者以外の方の目に触れる機会がどうしても少なくなってしまいます。そこで、より多くのバードウォッチャーとも情報を共有するために、英語論文を書いた研究者自身に、自分が書いた論文について解説してもらうことにしました。

 今回は、遠藤幸子さんに論文を紹介してもらいます。遠藤さんは立教大学大学院の上田恵介教授(現名誉教授)の研究室でモズを対象にして研究を行い、博士号を取得しました。解説してもらう論文は2016年に、日本鳥学会が発行している英文誌 Ornithological Scienceに掲載された論文です。この論文では、雄が抱卵中の雌に餌を運ぶ行動に着目しています。そして、雄がたくさん餌を雌に運ぶほど、雌が卵をより長い時間温めることが分かりました。卵をしっかりと温めるために、雄と雌は明確な役割分担をしているようです。

【加藤貴大 編】

紹介する論文:Endo S & Ueda K (2016). Factors affecting female incubation behavior in the Bull-headed Shrike. Ornithological Science 15: 151-161.

論文の解説

 多くの鳥たちは、一羽の雄と雌がつがいになって子育てをします。実は、このように一夫一妻で子育てをすることは動物の分類群のなかでは珍しく、鳥類の大きな特徴のひとつです。これまでの研究から、一夫一妻の種が雌一羽だけで雛を育てると、雛の生存率が低くなることがわかっています(Wolf et al. 1988など)。つまり鳥たちは雌雄で子育てをすることによってより多くの子孫を残すことに成功している、といえます。では、つがいとなった雌雄はどのように連携して雛を育て上げているのでしょうか?

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更