バードリサーチニュース

鳥の渡りは”コスパ”で決まる

【論文紹介】
著者:加藤貴大

鳥たちはなぜ、時には数千kmもの長距離を移動するのでしょうか。現存する約9,300種の鳥類のうち、約15%が繁殖地と越冬地を行き来する「渡り」を行うと言われています。その神秘性は、多くの研究者やバードウォッチャー達の関心を集めてきました。今年の5月初めにNature Ecology & Evolutionに発表された論文によると、鳥たちが渡る理由は”コストパフォーマンス”にあるようです。

 

紹介論文「Energy efficiency drives the global seasonal distribution of birds

生物はエネルギー効率が良いところに分布する

そもそも、生物がいる場所(分布)は、どのように決まるのでしょうか。それを決める要素の1つはエネルギーだと言われています(例えば餌)。エネルギーがたくさんある場所には多様な生物が集まり、生物多様性が増すと言われています。また、生物の体の大きさや卵の数は、エネルギーを効率よく使った結果と考えられています(もしエネルギ―を効率よく使えなければ、淘汰されます)。そして、”移動”においても同様に、エネルギ―効率が最も良い形で生物は移動します。

エネルギーは魅力的なものなので、自分だけでなく他の生物も集まり、エネルギーをめぐって競争が起きます。競争の度合いによっては、そこにあるエネルギーには価値がなくなるかもしれません。例えば自分が、すでに持っているエネルギーを使って、エネルギーがたくさんあるところに移動したとします(ガソリンで車を走らせてガソリンスタンドへ向かうようなものです)。エネルギーのある場所には自分以外にもたくさんの個体が集まり、奪い合いが起こります。ライバルが多すぎると、せっかくエネルギーのある場所に移動したのに、自分の分け前はほんの僅かとなるかもしれません。下手すると、得たエネルギーよりも移動に費やしたエネルギーの方が大きいこともあるでしょう。この状態はエネルギー効率が良いとは言えず、移動しない方がマシです。つまり、生物はエネルギーがある場所ではなく、エネルギー”効率”が良い場所に分布しているはずだと予想されます。鳥類は渡りによって長距離を移動しますが、その理由もエネルギー効率で説明できるかもしれません。つまり、その場に留まるよりも渡った方がエネルギー効率がいいかもしれないということです。紹介する論文では、これについてコンピュータシミュレーションを使いながら検証しています。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更