バードリサーチニュース

極北のハマシギ訪ねて三千里 ハマシギの現状と保全のためにできること

バードリサーチニュース2018年3月: 2 【活動報告】
著者:守屋年史

 2018年2月25日に谷津干潟自然観察センターにおいて、やつひがたサイエンスカフェ「極北のハマシギ訪ねて三千里」で話題提供してきました。このイベントは、ラムサール条約の採択を記念する2月2日「世界湿地の日」にあわせ、谷津干潟自然観察センターが開催する「世界湿地の日まつり」の一環で行われました。

写真 サイエンスカフェの様子


 もっとハマシギを知ってもらおう!ということで、私も企画から参加させてもらいました。ハマシギは、極北の鳥類を扱う国際的な渡り鳥保護の枠組み『北極渡り鳥イニシアティブ(AMBI:Arctic Migratory Birds Initiative)』においても緊急に対策が必要な優先種として挙げられています。日本では最も数の多いシギ・チドリ類ですが、近年は減少傾向にあり、その理由は明らかになっていません。また、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。そこで、このサイエンスカフェは、ハマシギの繁殖地であるアラスカ、中継地であるカムチャツカ、越冬地である日本での調査経験を話題提供し、ハマシギの生態や現状を理解してもらうとともに、今後の課題などを明らかにして多くの人に関心を持ってもらおうと実施されました。

 演者は、守屋のほか、環境省の辻田香織さん、漫湖水鳥・湿地センターの富田宏さんです。アラスカの繁殖地の調査に参加した辻田さんの話では、アラスカでは年々雪解けが早まっているそうですが、エサとなる昆虫は雪解けとともに発生が早まっているもののハマシギの営巣開始はそれについていけておらず、今後もそのズレが拡大していく懸念があるとのことでした。また、富田さんはロシア滞在の話を中心に、日本に来ていそうなハマシギの4つの亜種を紹介してくれました。4つの亜種の渡りのルートや時期については詳しくわかっていないことも多く、今後の研究や観察記録の蓄積による解明が期待されます。私はハマシギの越冬地としての日本の話をし、越冬期の優占種であること、国内でも冬に徐々に個体数が減少しており準絶滅危惧種であることを紹介しました。

 参加人数は40名ほど、繁殖地などの興味深い話を知ることができ、さまざま質問もいただき盛況でした。
 

詳しい講演の模様

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

 

今回のサイエンスカフェの感想と今後

 質疑応答では、アラスカの繁殖地やカムチャツカの中継地での調査の様子や、生態に関することを中心に質問がありました。特に、日本で越冬するハマシギの飛来時期は9月終わり頃からなのですが、アラスカでは7月下旬にはいなくなり、カムチャツカでは8月上旬がピークとなっており、日本に現れるまでにはタイムラグがあることが指摘され、どこを移動しているのか?知られてない中継地が他にあるのか?と疑問に気付かされました。
 ハマシギを含む渡り性のシギ・チドリ類を守るためには、繁殖地、中継地、越冬地それぞれで保全の活動をすることが重要です。そのためには多くの方が渡り鳥に対する理解を深め、その生息地を守る重要性を認識することが必要となります。また市民調査による観察記録やモニタリングへの参加が生態を解明するための重要な知見となります。我々、調査などをする側も、理解を深めてもらうためのお手伝いをしながら、各地のバードウォッチャーや次世代を担う子どもたちと一緒にハマシギの保全を考え・実施する必要があると再認識しました。 

 サイエンスカフェ終了後、講演者・企画者で話し合い、国内に飛来するハマシギの生態を解明する【ハマシギワーキンググループ】を立ち上げることにしました。ハマシギに関する生態・渡りルート等に関する情報の整理のため、海外の研究者や観察者とも連絡を取り合い、調査の企画や実施、教育や普及活動を行っていく予定です。早速、ハマシギ亜種を見つけようという市民参加型の調査はどうだろうかなど構想していますので、企画起ち上げの際にはご協力よろしくお願いします。