バードリサーチニュース

九十九里浜のシロチドリの行き先は?

バードリサーチニュース2016年10月: 3 【活動報告】
著者:守屋年史
図 確認された越冬地

図.九十九里浜で放鳥されたシロチドリが非繁殖期に確認された場所

 シロチドリの生息圏全体を考えた保全をすすめるため、九十九里浜で繁殖しているシロチドリがどこで越冬しているか、カラーリング付きのシロチドリの観察情報を集めて調査しています。昨年の繁殖期(4月~ 7月)に九十九里浜で35個体のシロチドリにカラーリングと環境省のリングを装着し放鳥しました。非繁殖期(8月~1月)には、18個体の観察回収があり、南は鹿児島から、三重県、東京湾内、北は宮城などから写真とともに報告を寄せていただきました(図)。ありがとうございました。また冬の間、そのまま九十九里浜に留まった個体も観察されています。ただ、南西諸島やアジアなどの国外からの報告はありませんでした。そして、今春の繁殖期に九十九里浜の調査地周辺で再観察された標識個体は、11個体が観察され帰還率は約31.4%となりました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

シロチドリ標識調査 ホームページ
http://www.bird-research.jp/1_katsudo/shiro_chidori/shirochi_mark.html

参考文献
Kennerley, Peter R., Bakewell, David N. & Round, Philip D.(2008) Rediscovery of a long-lost Charadrius plover from South-East Asia. Forktail. 24: 63–79.

Kosztolányi, A., Javed, S., Küpper, C., Cuthill, I.C., Al Shamsi, A.& Székely, T. (2009) Breeding ecology of Kentish plover Charadrius alexandrinus in an extremely hot environment. Bird Study, 56, pp. 244–252.