バードリサーチニュース

フィリピンにおけるサシバの渡りの現状と保護活動の取り組み

バードリサーチニュース2016年9月: 3 【レポート】
著者:山﨑 亨(アジア猛禽類ネットワーク会長)

 アジアに生息する猛禽類とその生息環境をまもるために「アジア猛禽類ネットワーク」は活動しています。その活動の中で,日本で繁殖するサシバがフィリピン北部で大量に密猟されていることがわかってきました。2014年からはじまった普及啓発活動の結果,2016年の春から地元の大学生が中心となったサシバやアカハラダカの調査と密猟監視活動が行なわれることになりました。また地元行政機関とも連携したエコツーリズムが2017年春から始まることになりました。

アジア猛禽類ネットワークとは

 アジアは生物の多様性と豊かさに富む地域ですが,森林伐採・アブラヤシ等の大規模なプランテーション化・環境汚染等が急速に進展し,多くの野生動物が絶滅の危機にさらされている地域でもあります。猛禽類は食物連鎖の頂点に位置し,その保護は自然環境の保護や生物多様性の保全につながると期待されます。そこで,アジアにおける猛禽類の研究と保護を進めるため,1998年に日本で第1回シンポジウムが開催されました。これを契機に,翌1999年にアジア各国の猛禽類研究者によって,アジア各国が連携して,アジアに生息する猛禽類の分布や生態を明らかにし,科学的なデータに基づく自然環境の保全を推進することを目的とした「アジア猛禽類ネットワーク」が発足しました。2016年現在,31ヶ国約250名の会員で構成されています。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

・密猟を防ぐための普及啓発活動
 サシバの渡りの全容を把握する調査は大学生等の努力によって大きな成果を上げることができましたが,密猟をなくすことはそれほど簡単に達成できるものではありません。サシバ猟は古くから伝統的に行なわれてきたものであり,ハンターの数も100名程度もいると言われており,完全に密猟をなくすには様々な取り組みを総合的に実施することが必要です。
 そのため,高校生・大学生・教員・地元の行政関係者を対象にサシバの保護をテーマに普及啓発のための講演会を2014年から開催しています。その成果が出始めていて,驚くべきことに2016年3月にCagayan州立大学で開催した講演会には,ハンター数名が参加し,そのうち5名が密猟をやめることを宣言したのです。さらに,その5名は密猟を完全になくすためには,市長・警察・環境省・アジア猛禽類ネットワークが共同で密猟根絶のための取り組みを推進することが必要であると提案しました。これを受けて,サンチェス・ミラの市長とハンターとの会合が行なわれました。市長は,これまでも選挙公約にエコツーリズムの推進を掲げていたものの,サンチェス・ミラには見事な滝や洞窟といった素晴らしい自然景観がないため,これを実現することができておらず,サシバを資源としたエコツーリズムを推進することを約束してくれました。

写真5 ハンター・市長との会談(右側の写真の左が著者,右が市長)

写真5 ハンター・市長との会談(右側の写真の左が著者,右が市長)

 その後,市長と訪れた山間部の奥深い熱帯雨林の中にある小さな小学校では,市長は「サシバは村人にとって貴重なココヤシの芽を食べるコガネムシを捕食してくれる大切な生き物なので,保護しなければならない」と子供たちに話しかけ,それに対して,一人の子供が「サシバだけではなく,他の生き物も守るべきではないのですか?」と発言したことが,とても印象的でした。その間も,サシバは集落の上に次々と集結し,タカ柱をつくりながら渡っていました。

 

2017年 最初のエコツアーがスタート

写真6 エコツアーを実施するするルソン島北部の風景

写真6 エコツアーを実施するするルソン島北部の風景

 こうした活動により,密猟が減り,奇跡的に密猟が無くなったとしても,現金収入が乏しいルソン島北部では,いつまた密猟が行なわれるかも知れません。永久に密猟をなくすためには,地元住民に自然環境保全における猛禽類の重要性を普及啓発するとともに,サシバの渡りを地域資源として位置付ける必要があります。そのためには,サシバの渡りを核としたエコツアーを実現することが不可欠であると私たちは考えており,2017年3月には初めてのエコツアーを開催します。エコツアーの期間中には市と大学が共同で「Raptor Watch Festival」を開催することも決まりました。
 古き良き時代の日本の農村風景を彷彿とさせる水田,生物多様性に富む熱帯雨林,白波がきらめく美しい海に恵まれたフィリピン・ルソン島北部。ここで大学生等を中心に進められるサシバ密猟根絶プロジェクトを成功させるため,皆様方のご支援をよろしくお願い申し上げます。
 具体的には,使用しなくなった双眼鏡や望遠鏡を大学生等に提供願いたいことと,来年から開始するエコツアーへの参加です。サシバの密猟がなくなり,日本では見られない壮観な渡りや熱帯雨林の野鳥を観察するとともに,地元の食材を満喫したり,地元の方々と交流したりするエキサイティングなエコツアーです!是非共ご参加ください。

問い合わせ先:山﨑 亨 t-yamaza@mx.biwa.ne.jp