バードリサーチニュース

カモの性比調査2016報告 毎年同じ傾向を示す種と、年によって傾向が異なる種

バードリサーチニュース2016年5月: 4 【活動報告】
著者:笠原里恵・神山和夫

2016年1月10日~31日に実施したカモ類の性比調査では、151の個人と団体の皆さんから、国内272地点の記録を送っていただきました(図1)。調査にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

調査地点

多くの皆様に参加していただいて、この調査も3年目を終えました。これまでの調査地点数は、2014年が267、2015年が280、2016年が272と、毎年、ほぼ同じ地点数の調査報告が全国から集まっています。今年は中国地方からの報告がぐっと増え、関東や北海道からの報告も増加しましたが、中部と近畿からの報告は昨年よりも少なめでした。

図1. 左:2016年の調査地点 右:2014年~2016年の地域別調査地点数

図1. 左:2016年の調査地点 右:2014年~2016年の地域別調査地点数

調査方法

調査対象としたのは、以下の10種です。50羽もしくは30羽以上の群れを対象にオス・メスの個体数を数えました。なお調査地のカモの数が多い場合は、全数ではなく一部をサンプル調査している場合もあります。

50羽以上(8種) オカヨシガモ・オシドリ・オナガガモ・キンクロハジロ・コガモ・ヒドリガモ・ホシハジロ・マガモ
30羽以上(2種) ハシビロガモ・ヨシガモ

幼鳥の第一回冬羽から成鳥羽への換羽が遅いキンクロハジロやハシビロガモのような種では、調査時点で換羽していない幼鳥とメスを合わせた数がメスとして記録されており、そのような種ではオスの数が過小評価されている可能性があります。

結果

調査対象とした10種のそれぞれについて、2014年、2015年と同様に、オスの割合と、緯度、経度、そしてオス・メスの合計個体数との関係を分析しました(表1)。

表1.カモ類の国内の性比の傾向。赤字は3年とも同様の結果を示した種。

表1.カモ類の国内の性比の傾向。赤字は3年とも同様の結果を示した種。

ホシハジロ(図2)とコガモ(図3)では、3年間のどの年でも緯度との関連が見られました。この2種では、北に行くほど群れの中のオスの割合が高くなるようです。ホシハジロでは、3年間とも経度との関連も見られました(図3)。東に行くほど群れの中のオスの割合が高くなったのです。また、緯度、経度および個体数のいずれも、群れの中のオスの割合と関連が見られなかったという点では、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモの3種で3年間同じ結果が得られました。

図2. ホシハジロは3年続けて同じ傾向が見られた。

図2. ホシハジロは3年続けて同じ傾向が見られた。

図3. コガモも3年続けて同じ傾向が見られた。

図3. コガモも3年続けて同じ傾向が見られた。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更