バードリサーチニュース

バルト海沿岸のミサゴ ドイツの書籍紹介

バードリサーチニュース2016年4月: 4 【図書紹介】
著者:黒沢隆
図1.表紙

図1.表紙

ミサゴは「魚鷲」

 少し古い本ですが、1962年に出版された「ミサゴ(Der Fischadler)」という本に、興味深い生態が書かれていました(図1)。ドイツ語なのでなかなか日本では知られていないこともあると思い、その一部を紹介します。「Fischadler」は直訳すると「魚(Fisch)鷲(Adler)」となり、ドイツではタカではなく、ワシの仲間とみなされていることがわかります。著者のカール・ハインツ・モル氏はバルト海に面したドイツのメクレンブルク州で、ミサゴの巣の中が見える場所にブラインドを張り、主に1950年代にミサゴの生態調査を行ないました。この地域はベルリンの北に位置していて、冷戦時代は東ドイツ領でした。以下は、その内容の一部をまとめたものです。

魚の頭と寄生虫

図2.魚を持ったミサゴ         (撮影:守屋年史)

図2.魚を持ったミサゴ
(撮影:守屋年史)

 ミサゴはアフリカの越冬地からドイツの繁殖地に3月の下旬に渡ってきます。メスが先に到着し、オスはそれから数日遅れてやってきて、つがいで繁殖活動に入ります。子育ての期間はもっぱらオスが狩りを行ない、巣へ魚を運びます。オスは捕った魚をメスに渡す前に、たいてい頭の部分を自分で食べてしまうので、巣に持って来る魚は尾は付いていても頭付きではありません。当地では、ミサゴは魚の腸を食べないそうです。頭を激しく振って嘴に付いた腸を振り払っている姿も観察されています。魚の内臓と一緒にサナダムシのような寄生虫を体内に取り込まないようにするためだろうと、著者は推測しており、実際に、営巣木の下に落ちていた大きな寄生虫を発見しています。一方、怪我をしたミサゴの幼鳥を放鳥するまで著者が世話をしたときには、特に魚のレバー(肝臓)を好んで食べました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更