バードリサーチニュース

ドローンを利用したガンカモ調査

バードリサーチニュース2016年2月: 1 【活動報告】
著者:神山和夫

ドローン飛ばす


ドローンとはどういうものか?

ここ数年、ドローンと呼ばれる電動ヘリコプターの利用が盛んになってきました。手のひらサイズのおもちゃのようなものから重さ数キロになる産業用の機種まで、さまざまなタイプが販売されています。ドローン(drone)とは英語で雄のミツバチを意味する言葉で、1930年代にアメリカ海軍が開発した標的用無人機が、先にイギリスで開発されていた無人標的機「Queen Bee(女王蜂)」に対して「Drone(雄蜂)」と呼ばれたことが語源だそうです。現在では、ある程度自動化された無人の移動機器(飛行機、車両、船など)を指す用語になっていますが、日本でドローンと言えば、4~8枚のプロペラを持つ電動マルチコプターを指すことが多いようです。本記事でもマルチコプターという意味でドローンという言葉を使います。

電気モーターはガソリンエンジンに比べてパワーが小さく、飛行時間も短いのですが、安価でメンテナンスも不要です。そして、機体に搭載されたコンピュータが各モーターの回転数をコントロールしてバランスを保ちながら飛ばすという、ガソリンエンジンには真似のできない機能のおかげで簡単に操縦することができることも、近年ドローンが爆発的に広まっている一因だと思います。もちろん機種にもよるのですが、私が始めてドローンを操縦したときは、まるでテレビゲームで乗り物を操縦しているかのように、簡単に空を飛ばせることに驚きました。


ガンカモ調査で利用できるか?

FPVとジンバル

写真1. 上:DJI社のPhantom3.タブレットやスマートフォンで映像を見ながら操縦する(写真はA4のiPad). 下:カメラは機体の傾きや振動に影響されず一定方向に保持される.

自然環境の調査では、従来の航空機の代わりにドローンで地形を撮影してGISで利用するような用途はあったのですが、野鳥調査でドローンを使った事例で発表されているものは数えるほどしかありません。とはいえ、ドローンの性能は数年前に比べると格段に進歩しているので、今後、さまざまな野鳥調査での利用が始まることでしょう。

バードリサーチが使用しているのは中国のDJIというメーカー製のPhantom3という機種で、大きさは約30cm四方、重さが1.3kgの機体です。これはドローン全体から見ると中型で、十数万円という価格でも中位ランクの機体です。小型のデジカメと同程度の性能のカメラが内蔵されていて、そこからリアルタイムで送られる映像を見ながら操縦し、必要な場所で動画や静止画を撮影することができます(写真1)。

さて、バードリサーチではガンカモ調査でドローンを利用しようとしています。ガンカモの個体数が非常に多い、見やすい観察地点がない、観察地点からの距離が遠いなどの理由で目視調査が難しい場合の代替手法として、空から撮影して数をカウントできるかや、ガンカモへの影響、運用の安全性などを調べるための試験を、昨年の秋からモニタリングサイト1000ガンカモ類調査の一環として行ってきました。


ガンカモはドローンを警戒するか?

まず心配なのは、ガンカモがドローンに驚いて逃げてしまわないかということです。高度100~150mにドローンを上昇させてからガンカモの群れの上空に移動し、ゆっくり下降させながら反応を調べました。結果は表1に示すように、ほとんどドローンを警戒しないことが分かりました。いちばん人を恐れないオオハクチョウがドローンを気にしたのが意外でしたが、日本へ渡ってきて間もない個体だったのかもしれません。ドローンへの警戒心の強さは時期や生息地によって異なるでしょうが、対象種がドローンを警戒しない場合が多く、空からの調査は可能だと思われます。

表1. ガンカモのドローンへの反応

表1. ガンカモのドローンへの反応

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更