バードリサーチニュース

フランスで越冬する沿岸性シギ類の動向

バードリサーチニュース2015年8月: 5 【論文紹介】
著者:菊地有子・守屋年史

 日本を含めた東アジア-オーストラリア地域フライウェイでは,渡り性水鳥の減少が懸念されていますが,東大西洋フライウェイに含まれるフランスでは,長期間のモニタリングによって異なる事情がみえてきました.今回は,会員の菊地有子さんに翻訳していただいたフランスで越冬する沿岸性シギ類の動向についての論文をご紹介します.

◯フランスはシギ類の重要な越冬地

 フランスを含むヨーロッパ地域沿岸では,ウェットランド・インターナショナルによって越冬するシギ類のカウント調査が実施されています.調査は毎年1月中旬,1977年から継続的に行われています.これらの調査によって,ヨーロッパでは,フランスがオランダ,イギリスに次いでシギ類の重要な越冬地であることがわかってきています.特に,オグロシギ,ソリハシセイタカシギ,ハジロコチドリ,ダイゼン,ミユビシギ,ハマシギ,コオバシギなどの主要な越冬地となっています.また,水鳥が利用するフランス国内の多くの湿地がラムサール条約の登録基準を満たしています.

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

 

◯引用文献

Quaintenne, G., Dubois, P. J., Deceuninck, B., Mahéo R. 2015. Limicoles côtiers hivernant en France : tendances des stationnements (1980-2013). [Coastal waders wintering in France, trends 1980-2013.] Ornithos. 22 (2): 57-71.