バードリサーチニュース

シロチドリ、どうして卵を埋めるの?

バードリサーチニュース2015年7月: 5 【論文紹介】
著者:奴賀俊光
写真.シロチドリの卵.①埋められていない卵.②~④様々な埋められ具合の卵.砂で埋められていたり,貝殻片がかけられていることも.

写真.シロチドリの卵.①埋められていない卵.②~④様々な埋められ具合の卵.砂で埋められていたり,貝殻片がかけられていることも.

 シロチドリの巣を見たことがありますか?砂浜を歩いていると,不意に足元にシロチドリの巣を発見することがあります(ごくまれにですが・・・).よく見ると,砂や巣材で卵が1/3~半分くらい埋まっている場合があります(写真).これは埋まってしまったのではなく,親鳥が自分で埋めたのです.抱卵期間の合間に親鳥が巣を離れて外出することがあり,その際卵が捕食者に見つかりにくいようカモフラージュのために埋めると考えられています.しかし,Amatさんら(2012)は,シロチドリが卵を埋めるのは,卵を隠す以外にも温度調節の役割があるのではないかと考え,実験的にこの仮説を検証しました.

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

引用文献

Amat, J. A., Monsa, R. and Masero, J. A. 2012. Dual function of egg-covering in the Kentish plover Charadrius alexandrines. Behaviour 149: 881–895.