バードリサーチニュース

イクメンな雄は一年に二回も繁殖できる!? ~研究者による論文解説~

Male feeding contribution facilitates multiple brooding in a biparental songbird 【論文紹介】
著者:乃美大佑

 この記事では毎回、研究者自身に、発表した英語論文について解説してもらいます。

 今回は、乃美大佑さんに論文を紹介してもらいます。乃美さんは北海道大学大学院環境科学院生物圏科学専攻動物生態学コースの小泉逸郎准教授の研究室でシジュウカラを対象にして研究を行い、博士号を取得しました。解説してもらう論文は2018年に、伝統的な鳥類学雑誌である英文誌 Ibisに掲載されました。この論文では、子育て期間における雄親の貢献度について、複数回繁殖の観点から研究しています。

【加藤貴大 編】

紹介する論文:Nomi D, Yuta T, Koizumi I (2018). Male feeding contribution facilitates multiple brooding in a biparental songbird. Ibis 160:293-300.

 「イクメン」という言葉が聞かれるようになって久しいですね。日本でも徐々に育児休暇を取得する男性が増えていると聞きます。以前、遠藤幸子さんのモズの研究で「雄の給餌頻度が高いほど雌の抱卵継続時間が長くなる」という繁殖における雄の重要な役割について、モズを対象とした遠藤幸子さんの研究がバードリサーチニュース7月号で紹介されていました。今回はさらに、イクメンな鳥の雄ほど次の繁殖機会を得やすくなるのでは?という話をします。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更