バードリサーチニュース

内陸へ拡がるイソヒヨドリ・分布拡げるガビチョウ・ホンセイインコ GW イソヒヨドリ・ガビチョウ・ホンセイインコ調査の結果から

バードリサーチニュース2018年5月: 2 【活動報告】
著者:植田睦之

対象種のイソヒヨドリ(三木敏史),ガビチョウ(橋本和司),ホンセイインコ(松村茂生)


 全国鳥類繁殖分布調査のサイドイベントとして,ゴールデンウィークに開催したイソヒヨドリ・ガビチョウ・ホンセイインコ調査 207名の方から416件のデータをいただきました。調査にご協力いただいた皆様,告知にご協力いただいた都市鳥研究会の柴田佳秀さん,ありがとうございました。
 この調査は,ゴールデンウィークにみなさんが訪れるであろう山やショッピングセンターなどで見られそうな鳥の中から,分布変化が顕著な鳥ということでこれら3種を選び,情報収集しました。このデータに,2016年以降に全国鳥類繁殖分布調査に寄せられている情報やバードリサーチの野鳥観察データベース「フィールドノート(さえずりナビ)」に登録いただいたデータを加え,これまでのこれら3種の分布の変化をまとめてみました。

 その結果,イソヒヨドリはこれまでは海岸で観察される鳥だったのが,内陸へと分布を拡大させており,特に近畿から関東にかけて進出が顕著なこと。ガビチョウは南東北,関東から中部,九州で分布を拡げており,東京ではこれまで丘陵部の樹林帯に分布していたのが,住宅地の小規模な林へも分布を拡大させていること。そしてホンセイインコは東京周辺にのみ分布しており,武蔵野地域への分布拡大が顕著なことがわかりました。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

 

情報収集にご協力ください

 今回はこれらの3種について情報収集集をしましたが,ほかにも分布が変化している鳥は多くいます。「全国鳥類繁殖分布調査」は日本で繁殖する鳥全種の情報収集をしていますし,「全国鳥類越冬分布調査」では,日本で越冬する鳥全種の情報収集をしています。ぜひこれらの調査への情報提供をお願いします。これらのサイトのフォームからの情報提供も大歓迎ですし,また「フィールドノート(さえずりナビ)」で記録いただいた情報はこれらの分布図に反映されます。入力もスマホからできて,使いやすくなっていますので,お試しいただき,ぜひ普段の観察結果を記録ください。
よろしくお願いいたします。