バードリサーチニュース

ワシたちは回らぬ風車が危険でないことを知っている

バードリサーチニュース2016年5月: 2 【活動報告】
著者:植田睦之(バードリサーチ)・島田泰夫(日本気象協会)

 風力発電が鳥に与える影響の1つが風車に鳥が衝突するバードストライクです。特にオジロワシのバードストライクが問題になっており,2011年5月までに27件の衝突事故が確認されています(白木 2012).
 この問題を解決するには,バードストライクの起きやすい場所に風車を建設しないこと,そして既設の風車にバードストライクが起きにくくするような工夫を施すことが重要です。日本気象協会とバードリサーチは環境省の「海ワシ類における風力発電施設に係るバードストライク防止策検討委託業務」を受託し,風車のブレードに着色することでバードストライクが減らせるかを調査してきました。その中で,オジロワシとオオワシが稼働している風車が危険で,稼働してない風車が危険でないことを認識していることが見えてきました。


ブレードに着色した風車と,それを避けて海岸線沿いを飛んでいくオオワシの成鳥

 

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更