バードリサーチニュース

新人スタッフ&研究紹介(佐藤望) ~南太平洋における托卵研究最前線~

バードリサーチニュース2016年4月: 2 【お知らせ,レポート】
著者:佐藤望

staff_sato2016年度よりバードリサーチに加えていただいた佐藤望です。
子供の頃から海外に行くことに憧れを抱いていて、大学時代に自転車でイベリア半島横断に挑戦しました。 そこで出会った鳥たちが日本にいる鳥と少し様子が違うことに気づき、それがきっかけで、大学では鳥類学の研究室に所属しました。 幸運な事に卒業研究から博士号を取るまでの間、大好きな海外で調査・研究をする事ができました。オーストラリアの”Top end”と呼ばれている熱帯地域、ニュージーランド南島の田舎町、ニューカレドニアの海が見える山奥など、これまで様々な調査地でカッコウ類の托卵に関する研究をおこなってきました。今回は私が今まで行ってきた研究を紹介します。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更