バードリサーチニュース

研究誌新着論文:湿地再生がチュウヒにおよぼす影響

バードリサーチニュース2015年10月: 3 【研究誌】
著者:植田睦之

研究誌に1つ論文が掲載されました

平野敏明:新たな池の造成が秋冬期のチュウヒの狩り行動におよぼす影響. Bird Research 11: A21-A30

食物を探して飛ぶチュウヒ(撮影:石渡賢一)

食物を探して飛ぶチュウヒ(撮影:石渡賢一)

 チュウヒの国内最大の越冬地の1つ,渡良瀬遊水地では湿地の乾燥化が進んでいます。そのため,多様な湿地環境の保全をめざして,湿地再生事業が行なわれています。この論文はその事業がチュウヒに与える影響を調べたものです。
 湿地再生が行なわれている場所と行なわれていない場所,そして湿地再生の行なわれる前と後のチュウヒの利用状況を比較した結果,湿地再生を行なった場所はチュウヒの好適な採食地になったと考えられました。ただ,その効果は「秋だけ」で,冬にはないこともわかりました。

http://doi.org/10.11211/birdresearch.11.A21

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更