バードリサーチニュース

シロチドリの腹濡らし

バードリサーチニュース2015年9月: 5 【論文紹介】
著者:奴賀俊光

 裸地環境に営巣するシロチドリやコアジサシでは、繁殖期の暑い時期、抱卵している親鳥や卵、ヒナは高温によるストレスを受けています。親鳥が腹部を濡らす行動や、濡れたまま巣に戻る行動が知られていますが、この腹濡らしが、卵を冷やすためなのか、または、親鳥自身が暑くて温度調節のために行っているのかを調べた南スペインでの研究を紹介します。AmatさんとMaseroさんは、シロチドリの放棄卵の中に温度計を入れた人工卵を用いて、放卵温度、巣の周囲の気温、放卵時間等を調べました(Amat and Masero 2007)。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更

 

引用文献
Amat, JA and Masero, JA. 2007. The functions of belly-soaking in Kentish plovers Charadrius alexandrines. Ibis 149: 91-97.
Amat, JA and Masero, JA. 2009. Belly-soaking: a behavioural solution to reduce excess body heat in the Kentish plover Charadrius alexandrines. Journal of Ethology 27: 507–510. (Short communication)