バードリサーチニュース

奄美大島の侵略的外来種マングースの防除と鳥類の保護

バードリサーチニュース2015年9月:1 【レポート】
著者:石田 健(東京大学/奄美野鳥の会)

 奄美大島において環境省が2000(平成12)年度から実施しているマングース防除事業は,本格的な予算と組織を備えた外来種対策だ。短期間に,明白な成果をあげることに成功した。2004年頃まで分布域の拡大が続いていたマングースの個体数が急速に減少し,マングースが多い時期に姿を消していた場所でも,固有種のアマミヤマシギ,ネズミ類やアマミノクロウサギの姿、カエルの声がまた増えて来た。最終目標の「根絶」までにまだ道のりはあるものの,環境保全行政の取り組みに教訓を残している。

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更