バードリサーチニュース

ナッツを振って重さを確かめるメキシコカケス

バードリサーチニュース2015年7月:6 【論文紹介】
著者:小島みずき
メキシコカケス

写真. 重さ計測中のメキシコカケス.わずか0.5秒程のハンドリングで捨てるか,持ち帰るかの判断をしている.  Photo by Elzbieta Fuszara

枝豆や殻つきピーナッツを食べるとき,中身が小さかったり,入っていなかったりすることがありますよね.持った時の感触,見た目,重さなどで,あれ?と思うこともあると思います.中身の質や量をみて,良いものから取っていく…そんなことをメキシコカケスもやっているという興味深い論文が発表されたのでご紹介します.
 メキシコカケスはメキシコからアメリカ南部にかけて分布し,日本のカケスと同じく秋にドングリなどの木の実を木の割れ目や地中に埋めて隠し,冬の餌が少ない時期に取り出して食べる「貯食」という行動をする鳥ですが,大事にとっておいた木の実が,いざ食べようとしたら殻だけのスカスカの木の実だったりしたらがっかりしてしまいますよね.そんなことにならないように,メキシコカケスは木の実を隠す時や食べる前に,中身がちゃんと入っているか確認して選別しているというのです.

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更