バードリサーチニュース

ID-BIRD try 第8回 富士山で山の鳥を調査しました!

バードリサーチニュース2015年6月: 2 【活動報告】
著者:高木憲太郎・守屋年史・小島みずき
写真1.霧の中のスポットセンサスの練習.

写真1.霧の中のスポットセンサスの練習.

 さまざまな環境で野外実習を行ない,各種の識別や調査方法を体験していただく「ID-BIRD try」第8回を6月最初の土日に1泊2日で実施しました.場所は,富士山の東斜面,探鳥会発祥の地でもある須走を起点とするふじあざみラインです.このふじあざみラインは,ふもと側の標高が約1000m,一番上の須走口五合目の標高が約2000mなので,下から上まで1000mの標高差があります.標高ごとに気温や植生が変化し,それに伴って鳥類相が異なるので,その違いを調べてみようというのが今回の狙いです.森林環境になるので,今回の識別の主力は,目ではなく耳です.小鳥たちのさえずりを覚えて聞き分けることや,スポットセンサスのテクニックを学んでもらうことも目的の一つでした.
 今回は学生が多く参加しており,参加者は20名でした.せっかくなので,富士山に来たことを実感してもらおうと,車で5合目に集合したのですが・・・,

この記事は有料会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

入会・会員区分の変更